上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【29日】
午前中は部屋の片付けしたり、ウクレレ弾いて歌ったり。
正しい休日の過ごし方。
午後からちょっと出かけてみようかということで、外の道を見たら車多っ!
てことで、人の少なそうな「鍾乳洞」に行ってみようと。
P1020657.jpg
珍しい「わし」の写真
ひだ天井にコ・ウ・フ・ン中w
ここは新見市の「満奇洞」です。
新見の鍾乳洞というと、数年前高知大学の探検部だったかが・・(ゴニョゴニョ)
大体あの当たり一帯が草間カルストとか上房カルストだとかの石灰岩系の土地なので、鍾乳洞も多いし、山口の秋吉台ほどの規模は無いにせよ特徴的なカルスト地表が見れるのが興味深い。
入場料大人1000円・子ども500円くらいだったか。
事前にインターネッツで調べたところによると、満奇洞の名前の由来は、与謝野晶子が「奇に満ちた洞」と言ったらからだとか。
あゝおとうとよ、君を泣く 君死にたまふことなかれ
そうそう、感想としては、まあまあ。天井までの高さが無いのでモンキーウォークは必須スキル。あるいは欽ちゃん走りも可

P1020645(1).jpg
駐車場の所の食堂というかお土産屋さんには懐かしのバクダンキャンディーがありました。200円。
息子はソーダ味・娘はレモン味を購入。ちなみに入洞前に買った場合(許可をもらって)食べながら鍾乳洞を歩くこともできます。
なんとかっていう番組で「岡山のソウルフード」として紹介をされたそうです。
ソウルフードってほどのモノでもないとおもうのだがなぁ。そしてうちの奥さんはバクダンキャンディー自体をご存知なかった様子。
よく運動会の出店で売ってたよねー。懐かしい。




スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトGWあれこれ【1 鍾乳洞】

says...

Date:2011/05/03 21:55

先日は満奇洞にお越しくださいましてありがとうございました。

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。