上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 家に帰ってごはん食べていると毎月頼んでいる旬の味わいの小包が届いた。
 今月の味は「ホ・タ・テ☆」
 殻つきのホタテを食べるのは初めての体験。KO・U・FU・N☆(もういい。。)

 お腹いっぱいなのだが、一応説明書を読んでみると
  ○殻つきのまま直火で焼いて醤油をたらすと良いらしい。
  ○刺身でも十分いけるらしい。
  ○ホタテの~という有名な料理はほぼこのホタテで作ることができるらしい。
 ということが分かった。
 貝だし、鮮度のいいうちに口に入れたいのでとりあえずグリルで直火焼き。
 貝殻が開いたところで醤油を一垂らし。
 うーむ。ウマイにはウマイが何だろう。。何か違う。
 何が違うかわからんまま、とりあえず保存用に冷凍ホタテとホタテの煮物を作る。
 ホタテの殻を20ばかり剥いていて、何が違うか分かった!
 この間の牡蠣祭り以来、海産物に飽き飽きしていたのだ。
 贅沢な悩みだが、もう暫く海産物はノーサンキューですわー。
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイト3月6日

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。